今年も来てくれてありがとう


6月30日撮影
この季節、建具会館は沢山のツバメたちでにぎわっています。
今年は例年より多く、天井のあちこちに巣が作られており、
今は2回目の入居です。
巣立ったあとリフォームをして3回ほど活用される巣もあります。

皆様には少しの間、ご迷惑をおかけいたしますが、
無事に巣立つことを願って、そっと見守ってください。

DSCF2999.jpg
こちらは大きくなったところ(昨年の写真です)
スポンサーサイト

Tag:未分類 

旬の味覚を召し上がれ File.7 ~笹沼農園の卵~

建具会館で販売される季節の農産物を生産する方をご紹介する
「旬の味覚を目召し上がれ」のコーナー。

今回ご登場していただくのは、平飼いでニワトリを飼育して
を生産される笹沼農園の笹沼和利さんです。

笹沼1


「高校生在学中の頃から農業に取り組みたいと思っていました。
25年前までは都内の福祉施設で働き、農業のスキル
何も持たないまま、大野地区で養鶏を始めました。
ニワトリは鳴き声がうるさくて朝早くから鳴きますので、
周りに民家が少ない場所という点がポイントになります。」

笹沼農園は標高700m、県道大野東松山線の起点の白石峠
ほど近くに位置しています。昭和20年代の開拓事業によって開墾されたこの場所で
現在は4棟の鶏舎で成鶏とヒナを合わせて約400羽のニワトリが飼育されています。

笹沼2


「うちのこだわりは鶏舎内で平飼いをしていること。
ニワトリが動き回ることのできない檻の中で飼育して
生産工場で工業製品を作るように卵を産ませる養鶏が
一般的ですが...もっと自然な方法で飼育したかったんです。」

ニワトリは鶏舎の中を元気に動き回り、生き生きとしています。
飼育されているのは純国産のニワトリで、ヒナは約半年で卵を
産むようになるそうで、鶏舎内の産卵箱に卵が産み落とされていました。

与える水は湧き水で、エサにもこだわりを持っており、
発酵残飯や飼料米を自家配合して与えているそうです。大規模な病院の
病院食の残飯を再利用した飼料は、現在社会の抱える食品廃棄問題に対し
環境負荷の少ない循環型社会の構築への1つの取り組みといえます。

笹沼3


「一定期間を過ぎたニワトリはつぶすことになりますが、平飼いで
筋肉が発達したうちのニワトリは精肉には堅いため
ソーセージにして販売する予定です。これも美味しいですよ(笑)」

笹沼農園の卵が使われた料理は、ときがわ町田中の
有機野菜レストラン「ボン・レギューム」
越生町大満の田舎そば「玄家」などの飲食店で味わうことができるほか、
ときがわ町西平の ときがわ焼き菓子工房「MOG」(モグ)の
お菓子にも使われています。卵は建具会館のほか、
「ふれあいの里たまがわ」でも販売中。
ソーセージも楽しみです、ぜひお試しください!


■問い合わせ
  建具会館
 ・所在地 埼玉県比企郡ときがわ町大字西平709-3
 ・電 話 0493-67-0049

Tag:旬の味覚 

喫茶コーナー

建具会館の喫茶コーナーは、どなたでも自由にご利用いただけます。
お気軽にどうぞ・・

DSCF2828.jpg

Tag:未分類 

プロフィール

しょうじくん

Author:しょうじくん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR