スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

手技で魅せます Vo.6 手描き染色 保坂まき子

建具会館に出品される数々の工芸品はどれも逸品揃い。
これらを制作する方をご紹介する「手技で魅せます」のコーナーです。

今回ご登場していただくのは、工芸品部会から「手描き染色」による
布などを使った製品を制作する 保坂まき子さんです。


ときがわ町別所地内のご自宅兼工房でお話しをうかがいました。

保坂03


「私が用いる手描き染色という技法は手描きによる元絵を
 もとに作った 型紙を使って白い布に柄を染め出すものです。
 こうした技法を一般的に型染めといいます。」

保坂さんは大学を卒業後、友禅染めの工房に就職。
その後、独立して友禅着物の制作に取り組みます。
しかし2009年、改めて大学で染色を学ぶことにしたんだそう。
路線変更にジレンマやためらいはなかったのでしょうか。

「友禅の技法は着物でしか活かすことができないので
 どちらかというと自由度の狭さが気になっていました。
 もっと自分の作品の幅を広げたい、そんな思いで大学で友禅とは
 違う技法を学び、染色の可能性を広げたいと考えたです。」

保坂01


型染めとは型紙を使って染める方法。
まず型紙の下に布を置き、のりを塗って乾燥させます。
そして染料で布に着色してからのりを落とすと、
のりの着いた部分が着色されないまま残るわけです。

「のりを落とす時に色落ちをしてはいけないので
 薬品を使ったり蒸したりして染料を定着させます。
 単色の手ぬぐいなどは一度の工程で済みますが、
 使う色が増えると、工程が積み重なる複雑な作業になります。」

染色の種類には型染めのほか、ろうけつ染め、しぼり染めなどが
ありますが、布に染料が染めつかないようにする防染の方法が
染色方法の名前になっています。防染をしないと柄が作れないわけで、
技法の名前からもイメージができると思います。

保坂02


「デザインは植物を対象にすることが多いですね。
 まず実物を写生して、そしてデザインをしていきます。
 例えばくイチゴを題材にしようと思ったら、果実と花を
 レースのように組み立て、より生命力を表現するために
 蝶や蜂などの生きものをあしらってみたり…。」

こうした工程を知らない人にとっては、大量生産される
プリントと変わらないように見えるかもしれません。
しかし考え抜かれた緻密なデザインと、いくつもの工程を
積み重ねる技術の結晶として商品が生み出されているのです。

定番のトートバッグはデザイン、染色、製作すべて
保坂さんの手によるもの。カジュアルな染色方法なので
カジュアルに使ってみたいと考えられた製品です。
この他に数種類のバッグのほか、和紙に染色をした
おしゃれなポストカードも制作しています。
建具会館へお越しの際は、ぜひご覧ください。


■問い合わせ
  建具会館
 ・所在地 埼玉県比企郡ときがわ町大字西平709-3
 ・電 話 0493-67-0049
スポンサーサイト

Tag:手技で魅せます 

今年もやります!夏休み端材コーナー

いよいよ7月19日(土)から夏休み工作端材コーナーが
始まります。
地元の木工所や材木屋さんが小・中学生にと
たくさん用意してくれました。
(詰め放題1袋100円もあります!)
もちろん日曜大工に大人の方も大歓迎です!
無くなり次第終了になります。お早めに!


      DSCF3002.jpg

Tag:未分類 

燕の巣立ち

燕の巣立ち

建具会館のツバメたちは、
いま巣立ちの時を迎えています。



こんなに大きくなりました。
DSCF2999.jpg
もう・・巣立ち間近です。

凛々しい姿を見ると、何故か胸がいっぱいになります。
今回、写真がやっと撮れたからではありませんよ・・(笑)



 ■問い合わせ
 建具会館
  ・住所  埼玉県比企郡ときがわ町西平709-3
  ・電話  0493-67-0049

Tag:未分類 

突撃!会社訪問 File.6 ~ウッディ・アート~

建具会館で展示販売に参加する企業や個店をご紹介する「突撃!会社訪問」

今回登場していただくのは、「建具・木工製品部会」から
木工小物の製造販売を営む 株式会社 ウッディ・アート さんです。
お話しは代表取締役社長の齋藤弘一さんにうかがいました。

ウッディアート01


以前建具問屋に勤務しながら、ドアや収納家具商品開発を行った経験から、木材の知識を持っていましたので、同じ木材でも建具産業では使い難い材料を工夫して、積極的に活かせる製品を作りたいと思い、5年前に会社を立ち上げました。
現在、武蔵嵐山駅も近所に工房を開き、木製箸を中心とした木工小物を製造しています。

ウッディアート02


まともな柾目(年輪に直角又はそれに近い角度で製材した断面)の材料だと製品の表情に面白みが無いと思うので、一般的に建具屋さんが使わないアテの部分を使っています。
木は斜面に生えると、根元が斜面に対して直角近く出てから、空に向かって垂直に伸びます。根元の部分には上下で年輪の幅が偏り、下側の年輪が広い部分がアテ。
木のどの部分をどう使うか、どう削るかが勝負なんです。


工房の機械は家庭用電源で使えるものを選んであります。
これは定年で仕事をリタイアした人や、身体を悪くした人にも内職としてできる作業を目指したものです。高齢化の進むの中、こうしたものづくりは地域の雇用を増やすために有効な手段だと考えています。
また、木工小物の手作りに興味のある方向けにワークショップなども開く事ができますので、お気軽に声をかけていただきたいです。週末に建具会館で展示販売も行っています!

ウッディアート03


様々な樹種の箸のほか、スプーンや、ヒノキのコースター、ランチョンマットにも使えるデスクマットなど、女性目線のアイデアは妻の提案によるものです(笑)
材料が小さかったら茶杓や靴べらにしようかと構想を膨らませながら無駄なく使い切る。
もったいないの気持ちを持ちつつ、毎日使う愛着のわく製品、オンリーワンの製品づくりにチャレンジできるのがやりがいなんです。


■問い合わせ
  建具会館
 ・所在地 埼玉県比企郡ときがわ町大字西平709-3
 ・電 話 0493-67-0049

Tag:突撃!会社訪問 

ブルーベリー摘み取り体験が始まりました【堂平天文台】

かつて国立天文台の堂平(どうだいら)観測所として
天体観測の最前線で活躍してきた施設といえば

堂平天文台「星と緑の創造センター」ですね。

今年もこの堂平天文台でブルーベリー摘み取り体験が始まりました。
すでに収穫シーズンに入っており、大きな果実がたわわに実りつつあります。
高原のさわやかな風を感じながら、夏の味覚を味わってみてはいかがでしょうか。

トピック堂平ブルーベリー摘み取り


■開園時間 毎日10時~17時(受付16時30分まで)

■場 所 堂平天文台「星と緑の創造センター」(大野地内)

■料 金 ●1パック(100g)200円 ※今年度価格
       ※100g200円での量り売りも可能です。(摘み取り後に計量)

■申し込み 受付(管理人棟)でお申し込み後、パックまたはバケツをお渡しします。
      ご自由に摘み取ってください。(手摘み)

■注 意 ◎気候によって果実の状況が異なりますので、ご来場前になるべくお問い合わせいただくことをおススメします。
       ◎おみやげ用のブルーべリーは販売していません。

■その他 摘み取り体験期間中にジャム作り体験も可能です。

堂平天文台「星と緑の創造センター」ブルーベリー摘み取り体験(ときがわ町ホームページ)

■問い合わせ
  堂平天文台「星と緑の創造センター」
 ・所在地 埼玉県比企郡ときがわ町大字大野1853
 ・電 話 080-2373-8682


堂平天文台にご来場に際には
ぜひ建具会館にもお立ち寄りください!

Tag:トピック 

プロフィール

Author:しょうじくん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。