旬の味覚を召し上がれ File.11 ~みかん~

建具会館で販売される季節の農産物を生産する方をご紹介する
「旬の味覚を目召し上がれ」のコーナー。

今回ご登場していただくのは、みかんなどの
果樹栽培に取り組む岡野利夫さんです。
西平地内の果樹畑でお話しをうかがいました。

岡野みかん1


「ホントなら山がもっと黄色く見えるんだけどな...」

岡野さんはちょっと浮かない表情です。
それもそのはず、昨年豊作だった影響で、今年は不作
期待通りの収穫が難しいとのことで、こうした豊作と
不作が交互にやって来る性質は隔年結果というもの。
特に不作の年をこの辺ではちがいと呼んでいます。

岡野みかん2


「毎年11月になると収穫を始めるんだよ。」

ときがわ町では大附みかん山が有名ですが
岡野さんの果樹畑は建具会館から慈光寺へ登り、さらに
その奥に位置する後野(うしろの)地区に位置します。
ここにみかんの樹を植えたのはお祖父さんで、
40年ほど前から収穫しているそうです。2か所あるうち
一方の果樹畑は急峻な山の斜面に広がっていました。

岡野みかん3


「この時期はクルマで寝泊まりするんだ。」

普段は入間市にお住いの岡野さん、今は後野地区に建物が
無いため、ときがわ町まで来ると、自動車の車内で数日間
寝泊まりして収穫作業をするのが毎年の楽しみだとか。
例年、お正月に建具会館の店先を飾るみかんは
11月から12月にかけて収穫されたもの。今シーズンは
店頭で見かけたらすぐに手に入れた方がよさそうです。
他にも岡野さんは養蜂を行っており、ハチミツも出品中です。


■問い合わせ
  建具会館
 ・所在地 埼玉県比企郡ときがわ町大字西平709-3
 ・電 話 0493-67-0049
スポンサーサイト

Tag:旬の味覚 

今年もやります!年の瀬市2016

今年は第2週の12月10日(土)、12日(日)の2日間で開催することになりました。
スタッフ一同お待ちしていますので、ぜひご来館ください。
DSC_0302_20161116150159837.jpg


11月6日(日)に行われた”ときがわまつり”では建具会館で「ひのき玉を作ろう!」を出店しました。想像以上にたくさんの方が来てくれたので、とってもうれしかったです。
こんな感じで来てくれた方と楽しく作ることが出来ました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

DSC_0293_20161116150157fae.jpg
いつも桧のカンナクズを頂いているところの岡野木工所さんと一緒に今回ときがわまつりで初のワークショップに挑戦しました。

DSC_0292.jpg

今年も残りわずかとなってきましたが、皆様のおかげで今年も運営することができました。
心より感謝申し上げます。


年末年始休業日のお知らせ
12月29日(木)~1月5日(木)までお休み
1月6日(金)からの営業になります。

問い合わせは→建具会館 0493-67-0049

Tag:販売員から 

旬の味覚を召し上がれ File.10 ~原木マイタケ、再び~

建具会館で販売される季節の農産物を生産する方をご紹介する
「旬の味覚を目召し上がれ」のコーナー。

今回ご登場していただくのは、原木きのこ栽培に取り組む
岩瀬登志男さんです。原木マイタケの収穫が始まった
大野地内のご自宅敷地内のホダ場でお話しをうかがいました。

岩瀬1


「今年8月に伏せ込んだホダ木からマイタケが出てきたよ!」

原木栽培のマイタケは、ホダ木にマイタケの種菌を植えて、
十分に菌をまわしてから土に埋め込む方法で栽培します。
だからマイタケは地面からニョキっと顔を出すんです。
以前もこのコーナーで原木マイタケの記事を取り上げましたが、
(旬の味覚を召し上がれ File.1 ~原木マイタケ~)
マイタケの原木栽培にはとっても手間がかかります。

岩瀬2


「ボクの自宅には、合計10か所のホダ場を作ってあるんだ」

岩瀬さんのご自宅は、標高700メートルの高原の気候。
ときがわ町内でもいち早くが訪れる場所と言えます。
夏の暑さから急に気温が下がってくると、いよいよキノコの季節。
10か所のホダ場には各150個のホダ木が埋められており、
昨年は合計150キロのマイタケを収穫したそうです。
中には1株で5キロもある大物にまで育つこともあるとか!

岩瀬3


「子どもたちに、こんな美味しいものが町にあることを知ってて欲しいね。」

美味しさを実感すれば、自分も作ってみたいと考えると思う、それが将来
キノコや山菜生産の担い手を増やすきっかけなるはず、と岩瀬さんは語ります。
さて、ホダ場の覆いを外すと...そこには大小さまざまなマイタケが顔を出しました!!!
収穫できるのはおよそ2週間、見かけたらすぐ手に入れたい逸品です。
クリタケ、ヒラタケ、ナメコなども栽培しているそう。
秋が深まるにつれて、いろいろなキノコと巡り合えそうですね。


■問い合わせ
  建具会館
 ・所在地 埼玉県比企郡ときがわ町大字西平709-3
 ・電 話 0493-67-0049

Tag:旬の味覚 

今年も舞茸が届きました!

今日今年初の舞茸が4つほどお店に届きました。
なんといっても一年ぶりのこの香りは最高ですね。

ぜひ舞茸ごはん天ぷらお吸い物にどうそ食べてみてください。




この後続いてお店に並んでほしいですが、1週間から10日くらい間があいてしまいそうです。
今年は例年並みで9月末から10月初旬ころになるでしょうか・・・

Tag:販売員から 

旬の味覚を召し上がれ File.9 ~ヤマブドウ~

建具会館で販売される季節の農産物を生産する方をご紹介する
「旬の味覚を目召し上がれ」のコーナー。

今回ご登場していただくのは、秋の味覚・ヤマブドウ
栽培して、建具会館に出荷している神戸武光さんです。

神戸1


「ヤマブドウの栽培はそんなに難しくないんだ。
以前、知り合いから「子どもの頃に堂平山の周辺まで行って
背負い籠いっぱいヤマブドウを取ってきた」って
話しを聞いたことがあってさ。それなら我が家でもきっと
栽培できると思って、苗木を取り寄せてみたんだ。
苗を植えたのはもう10年ぐらい前かな...今じゃ、
30本ぐらいの木が背丈以上に立派に育ったよ。」

神戸さんの自宅は標高700m付近で、白石峠にほど近い
夏でも高原の爽やかな風が吹く場所。ヤマブドウは自宅のそばで栽培されており、
自作のブドウ棚には収穫直前の赤紫色の果実が沢山実っていました。
昔はエビカズラと呼ばれていたそうで、日本の伝統色でヤマブドウの
果実のような赤紫色をえび色と呼ぶのは、これに由来しているんだとか。

神戸2


「毎年この時期になると注文してくれる人がいてね。
普通に売られているブドウと比べて珍しいし、田舎育ちの
人が、昔を懐かしんで買ってくれてるんじゃないかな。
食べ方はジャムが一番美味しい、種を取るのが面倒だけどね。
ジュースにしてもいいし、ジュースの搾りかすだって
大根の漬物に使えば、とってもきれいな色に染まるんだ。」

収穫の期間は毎年2週間ほどで、9月末ごろには終わります。
建具会館の店頭で見かけたら、すぐに買わないと来年までお預けです。
神戸さんはヤマブドウ以外にも、イチジク、アンズ、スモモ、ウメ、
カキ、クロモジ、サンショウなど、少量多品種の栽培をしています。
他人と同じことをやるのは嫌、そんな自分はへそまがりだそう(笑)

生家が農家で、子どもの頃から山のことには詳しくて、会社勤めを
していたころから、人生の後半は山で暮らすと決めていました。
ここでの暮らしは「雪さえ降らなければ自分には最適」しかし
これだけ周囲に自然があふれていると、鳥や獣に果実を狙われませんか?

神戸3


「以前はヒヨドリに狙われてね、奴らはロケット花火で
追い払ってもすぐにまた近寄ってきて、せっかく熟した
実を食べるんだよ。これには困ったけど、番鳥で解決(笑)」

番犬ならぬ番鳥、フクロウの置物が秘密兵器です。
ヒヨドリの天敵の猛禽類は置物でも効果抜群で、今では
袋や網をかけなくても、近づいてくることは無いそうです。
春先に葉物野菜の葉っぱを食べられてしまう被害も、
猛禽類の置物があればきっと効果があるはず、と語る神戸さん。
困っている方がいたら、試してみてはいかがでしょうか!


■問い合わせ
  建具会館
 ・所在地 埼玉県比企郡ときがわ町大字西平709-3
 ・電 話 0493-67-0049

Tag:旬の味覚 

プロフィール

Author:しょうじくん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR